クリスマスに優れた実績を上げるためのプランニング

クリスマスまでの準備期間は小売店に休みはありません。ハイストリート(小売店が集まる大通り)とオンラインの両方で競争が激化するにつれ、1年で最も忙しい時期に向けての準備がこれまで以上に重要になります。

鍵となるのは備えですが、これには、予測や注文から倉庫やサプライチェーンまでが含まれます。クリスマスに優れた実績を上げるためには、厄介な点を予測し、それを解決するために先を見越した解決策を講じておくことが重要になります。

ここでは、1年のショッピング繁忙期から利益を得るのに技術を役立てる方法を見ていきます。

小売業界の状況を理解する

消費者の間でブラックフライデーとサイバーマンデーが根強い人気を博しているのに加え、11月にはクリスマス商戦も始まります。イギリス国家統計局上級統計専門家のリアン・マーフィーは2017年に次のように語っています。

「消費者の間でクリスマスの買い物を早める傾向が続いているため、これまでの年に比べて11月に支出が増加し、12月に支出が減少しています。

かつてのクリスマス商戦では、驚異的な前年比成長が見られました。2016年は前年比4.7%増でした。しかし、経済の不確実性により、2017年はわずか1.9%に留まっています。これは、2013年以来最低の年間成長率です。

このデータは、競争の激化と消費者の節約志向を反映しています。しかし、この厳しい状況にもかかわらず、一部の小売業者は、競合他社を上回る優れた数字を出しています。

オンライン限定小売業者のBoohoo.comは、12月31日までの4か月で売上が倍増し、 2億2280万ポンドを達成しています。Nextも好調なクリスマス時期を迎えましたが、これは同社のより成熟したオンライン操業の成果によるものです。一部の小売業者が他の小売業者を上回る実績を上げているのはなぜでしょうか。その答えは、通常、技術の利用にあります。

オンラインの影響

「インターネットでの支出の割合は年々増加し続けており、2017年末までにオンラインでの支出ががほぼ5分の1を占めていました。」上級統計専門家リアン・マーフィー(イギリス国家統計局

オンラインショッピングによる消費者支出の割合がますます増加しているため、いくつかの操業上の考慮が必要になります。ハイストリートの客足は次のようになります。

  1. 年間の他の月よりも11月と12月の間に伸びる
  2. この時期、オンラインセールスの増加によりこれまでの年に比べ客足が減少

これは、中央倉庫への依存度を高め、在庫を異なる形で配分し、ジャストインタイムモデルを運用する必要があることを意味します。

しかし、在庫と人材がどこでどれだけ必要になるかを予測するのは、ハイストリートの売上からオンラインの売上を差し引くという単純なものではありません。ジョン・ルイス代表取締役社長ポーラ・ニコルスが言うように、オムニチャンネルの小売とは「オンラインで閲覧し、タブレットで購入し、店舗で商品を受け取る」という意味です。

これにより、在庫レベル、サプライチェーン要件、サポート要員の計算がさらに困難になります。ブラックフライデーやサイバーマンデーのようなクリスマスの準備期間にある一度限りのイベントを考慮すると、計算が厄介になります。

ますます複雑化する状況で成功を収める上で、小売店はハイストリートの店舗とオンラインを接続するリアルタイムのデータとレポートが必要になります。これを実現する唯一の方法は、オンラインとオフラインの両方で販売を監視し、複数サイトにわたる在庫要件を正確に予測する最先端のソフトウェアを採用することです。

効果的な技術を迅速に採用できないと、トラブルに見舞われる可能性があります。M&Sの場合、2017年には流通センターの不手際により、オンライン購入の商品の配送に遅れが出ました。

対照的に、ジョン・ルイスは、同じ時期、それまでの年に比べて売上が3.1%アップしています。この理由は、eコマース事業に投資し、翌日配送やクリック&コレクトなどのサービス期限を延長したことにあります。

では、どのように準備を整えればよいのでしょうか。

イースターから教訓を得る

クリスマス前の最後の大規模で全国的な小売イベントに、イースターがあります。

会社の業績について次のような正しい質問をすることで、クリスマスまでに改善できる分野を特定することができます。

  • 他のブランドに比べ好調だった特定のブランドがあるか。
  • 特定の製品グループの成果が上がったか、それとも下がったか。
  • 製品の可用性はどうだったか。

イースターのデータだけに頼るのではなく、これまでのクリスマス時期について入手可能な情報がある場合は、そのデータも分析してください。それぞれの店舗で在庫要件を評価して予測するのではなく、一元的に行うのが最も効果的だと考えられます。

主要なデータ分析ツールを使用して、全体のデータを組み合わせて評価することで、是正措置を講じるのに役立つより大きな洞察を得ることができます。

適切なソフトウェアがあれば、強力な大量のデータを構築できます。また、システムには人工知能と機械学習が組み込まれているため、消費者が何を、どこで、いつ必要かについてさらに深い洞察が得られます。これは、サプライチェーンの需要を正確に予測するのに役立ちます。

倉庫、サプライチェーンおよび雇用管理のレベルアップ

クリスマスの売上高が大幅に増加すると、倉庫、サプライチェーン、従業員はフル稼働体制になります。

ジャストインタイムベースで予測に対する店舗を提供するのが理想的ですが、クリスマスには全体的な需要が大幅に増加するため、店舗の予測以上のものを考慮する必要があります。

特に大量販売の場合、小売業者は次の項目が十分にあるかどうかを考慮するデータを組み入む必要があります。

  • 倉庫内および作業現場における商品の交換、在庫、販売担当の要員配置レベル
  • クリスマス時期だけではなく、土曜日のようなピーク時の倉庫スペース
  • 配送計画に合致する輸送能力

 

中央倉庫に適正量を注文し、製品を必要な場所にドリップフィード式に配送することで、在庫を最大限に活用します。適切なシステムがあれば、正確なリアルタイムレポートに基づいて在庫補充を自動化することができます。

 

スーパーマーケットのモリソンズの事例を見ると、ソフトウェアの威力がわかります。モリソンズによると、店舗でのクリスマスの優れた実績は新しい自動発注システムによるものです。在庫状況を改善し、商品提供のギャップを30%削減することで、モリソンズはセインズベリーの2.3%とテスコの1.9%と比較して2.8%という好成績を上げています。

クリスマス後の分析

常に進化するソフトウェアに投資すれば、システムがすべて処理してくれるため、クリスマスの実績評価が不要になります。機械学習と人工知能を使用して、次のような広範囲の改善領域を明らかにします。

  • 予測精度を改善できる領域はどこか
  • 製品の可用性が欠けていた領域はどこか
  • 過剰在庫の問題
  • 労働力の可用性に関する問題
  • 将来的に回避できるような特別割引が適用されたかどうか

ソフトウェアの導入時間が長くなればなるほど、収集できるデータが増え、予測機能が向上します。先進的ではないアプローチを採用している競合他社に対して優位に立つことができます。

クリスマスは、小売業者にとって大きなプレッシャーがのしかかる時期です。次世代のソフトウェアとシステムを実装することで、ビジネスのすべての要素にわたって統合された対応ができるようになります。情報通になり、より良い態勢が整い、自信を持って優れたクリスマスの実績を上げる準備が整います。