2018年クリスマスの生産性の課題を解決に導く小売業界向け技術製品

小売業界では、クリスマスが様変わりしています。商店に買い物客があふれる12月の予測可能な時期とその後に続くボクシングデーのセールの喧騒は変貌を遂げました。

今や消費者はクリスマスまでの準備期間、支出を続け、セールでの割引を期待し、デバイスに頼って商品の読み取りやアイテムの購入を行っています。

イギリス国家統計局の数字によると、2017年12月の小売売上高は11月より1.5%低下する一方、同じ月の客足は3.5%下がり、2013年3月以来の最大の減少となっています。

11月のブラックフライデーが魅力的なオファーで人々を引き寄せるようになったことから、消費者の買い物の手段や時期のダイナミクスが大幅に変化しました。

REPLのチーフアライアンスオフィサーであるクリス・ラブは次のように説明しています。「小売業者はこれまで以上に複雑なクリスマスの現実に直面しています。ブラックフライデー自体がイベントになったので、長期間にわたって季節の2つのピークに備える必要があります。

「この新しいクリスマスの状況を理解し、対処することが重要です。計画と実行は、より精密で詳細なものでなければなりません。」

ここでは、生産性を高め、楽しいクリスマスを提供する上で、最先端の技術製品を活用してクリスマス時期の課題にどのように取り組むかを検討します。

課題 #1: 需要を満たす

七面鳥やクリスマスの飾り、エコーズや電子書籍リーダーまで、製品の需要は1年の最後の2か月でクライマックスに達します。店舗で必要になる要員の数とともに、最高のブランド体験を提供するスタッフの需要もピークに達します。

シームレスなサービスを提供しないと、このような要因が一緒になり頭痛の種となります。顧客と従業員の期待を満たし、それを超えるもの。

この需要に効果的に対処するには、以下が必要となります。

  • 需要変化のパターンとスタッフの可用性を調整
    ● 正確なデータに基づいて期間を効果的にモデル化
    ● 臨時スタッフの動機付けとスケジューリング
    ● 倉庫の在庫状況による店内在庫の合理化
    ● これまでのクリスマスの既存データを活用

解決策 #1: ADAPT

過去のクリスマスのデータは時代遅れになっています。急速に変化する買い物の習慣や客足の変化を考慮すると、5年前だけでなく2年前の洞察でさえも、時間の経過とともにその重要性が低下します。

答えは、膨大な量のデータを処理する最先端のソフトウェアを導入し、輝かしい成果を上げるために必要な詳細な洞察を提供することにあります。

REPLのADAPTはこれまでにない精度で需要の予測、予想を行い、正確にタスクを管理するために設計されたフルスイート製品です。

人工知能、特に機械学習を活用するADAPTは、これまでにない細かい洞察力と優れた予測精度をもたらします。

ADAPTは、季節の2つの主なピークに対処するために必要なパワフルなデータを提供します。また、ジェネレーションYだけでなく、社内のスタッフや顧客の大半を占めるジェネレーションZの需要にも対応します。

この究極の労働力モデリングソリューションは、クリスマスの操業と収益を今後何年にもわたって変貌させるでしょう。

課題 #2: スケジュールを調整する

店舗にとっては、誰が、いつ、どこで、という要因が常に重要です。11月と12月にはこの重要性がさらに高まります。要員が増え、営業時間が長くなり、在庫レベルが増加するからです。

さらに、この時期はホリデーシーズンであるため、従業員も慶祝気分を楽しみたいと思っています。

特に忙しい法定休日や深夜営業など、ホリデー時期の要求を管理し、ビジネスの需要に合致させることは、調整が必要な余分な仕事です。

また、パーティーがあった夜の翌朝はどうでしょう。オフィスパーティーがクリスマス前の金曜日だったとすると、シーズンの最も忙しい土曜日に「病欠」による欠勤者がでる可能性が高まります。

この判断を誤ると、不満を抱くスタッフ、不機嫌な顧客、注意散漫のマネージャーという結果を招いてしまいます。

解決策 #2: WFM CONNECT

最高のソフトウェアがあれば、自信を持ってスケジュールを立て、管理者がその力を取り戻すことができます。

REPLのWFM Connectがあれば、タイムシートの表示や編集から特定の役割の需要の表示まで、スケジューリングのあらゆる面を制御できます。

また、重要な土曜日の朝に5人のチームメンバーがいる場合は、情報にすばやくアクセスしたり、シフトを交換したり、携帯電話で従業員に連絡して番号を再度バックアップしたりすることができます。

カスタムワークフローを作成することで、WFM Connectは意思決定を改善し、従業員の満足度を高め、優れたカスタマーサービスを促進します。

自分のスケジュールを管理できることで、スタッフはより生産的に働くようになり、二日酔いでダウンすることも少なくなるでしょう。

課題 #3: 在庫を合理化する

繁忙期に在庫を手作業で管理することはほぼ不可能です。

エラーが発生しやすく、時間がかかり、事業の他の部分から注意をそらす結果になります。

在庫管理にさらに時間を費やす必要があっても、その実行に使える時間が不足しているというのはよく見られる問題です。

これは、オフィスパーティー、家族の集い、クリスマスパーティーなどの需要に対処するために在庫レベルを維持しなければならない、パブ、バー、レストランなどのホスピタリティ産業に特に当てはまります。模範的な顧客サービスと効率的な在庫管理のバランスを取ることは、業界にとって欠かせない季節の行事です。

現在の在庫レベルを正確に把握しないと、割引戦略を実施する上でもさらなる困難が生じます。不十分な在庫データによって、すでに込み入った意思決定プロセスがさらに複雑化します。

クリス・ラブは次のように語っています。「小売業界の割引は最近変貌を遂げました。「ボクシングデーや12月27日からセールがスタートすることはなくなりました。代わりに、小売店と消費者の間には頻繁な闘いが繰り広げられています。店舗は、需要がある限り、平常心を失わないようにして持ちこたえています。

「どの在庫をシフトしなければならないかを明確に把握することで、販売戦略が大幅に簡単になります。」

解決策 #3: ESO CONNECT

時代遅れの在庫管理と手作業による記帳に頼る時代は終わりです。先進的な小売業者は、生産性と収益性を損なう非効率なシステムには期待できません。

REPLのESO Connectは、シームレスな在庫管理を事業に導入し、部門間のスムーズな接続を実現します。

リアルタイム機能、バーコードスキャン、モバイルの柔軟性を備えたツールを使い、エントリに誤りがないことを保証することによって、在庫数の変換を行います。

その効率によって、品目を迅速かつ正確に注文して補充できるため、在庫切れも低減します。その結果、何も買わずに店舗を立ち去る失望した顧客が減る一方で、売上と利益は増加します。

課題 #4: 時間を追跡する

通常のシフトパターンに加え、臨時スタッフの勤務時間も考慮するため、出勤の正確な記録を保持することはクリスマスのもうひとつの問題です。

営業時間の延長によって残業の数字が増え、法定休日の出勤によって賃金率が変更になります。フレックスタイムを採用する会社の場合、従業員は貯めておいた時間を最大限に活用しようとするでしょう。

このような通常とは異なるすべてのシフトを考慮する管理者の負担によって、在庫を評価し、スタッフの問題を処理し、店舗で顧客と会うための時間が容易に削減してしまいます。

解決策 #4: RTA CLOCKS

この最新の物理的およびモバイルのクロッキングソリューションを使って、時間を制御できます。REPLのRTA Clocks製品群は、パンチのキャプチャをスピードアップし、クロッキングの柔軟性を向上させる最先端技術を採用しています。

一元管理されたモバイルフレンドリーなRTA Clocksがあれば、全従業員のタイムレコードに簡単にアクセスして、出勤とコンプライアンスを監視できます。RTA CLOCKSにアップグレードすると、避けられないタスクを簡素化できるだけでなく、時間節約、データ精度の向上、コスト削減にもつながります。

課題 #5: 従業員のエンゲージメントを高める

クリスマス時期に店舗で働いたことのある従業員の中には、一度だけという人もいれば、何十回も働いたベテランもいます。クリスマス商戦に慣れ親しんでいる場合でも、そのエンゲージメントと士気の高さを維持することが重要です。

各自のシフトの希望に耳を傾けるだけでなく、ブランドのクリスマス製品群、販促メッセージ、プロモーションを完全に把握してもらう必要があります。

情報に通じた熱心な店舗のスタッフが、顧客の満足度を高めます。顧客は、店舗を後にして、競合他社からオンラインで注文するよりも、感じの良いスタッフから購入する可能性が高いのです。

解決策 #5: GLOODOO

ここで鍵となるのはコミュニケーションです。REPLのGloodooを使うと、職場でコミュニティを築くことができます。

Gloodooのフィードを使ってチームに季節の製品の最新情報を伝えたり、安全なチャットルームでアイデアを交換したり、クリスマスから販売取引に切り替える更新などのクラウド内の重要な文書を共有することができます。

モバイルデバイスからアクセスできるGloodooは、店舗全体でスタッフのつながりを強化し、臨時スタッフのブランドに対するエンゲージメントを高めるのに特に役立ちます。

柔軟なタスク管理機能を使用すると、タスクの完了を促し、生産性を向上させることができます。

ブランドに投資したチームは誇りを持って仕事に取り組むようになり、重要なクリスマス時期に優れたカスタマーサービスが提供されます。

2017年末までに、オンラインによる購入は消費者の支出の5分の1に達しました。クリスマスの狂乱が一段落すると、オンラインの猛攻撃が続くことでしょう。

革新的な技術でビジネスの将来性を高めることで、競争に一歩近づき、さらに競争で勝利を収めることができます。その利益はクリスマスだけでなく、1年中享受できるのです。